【緊急事態宣言発令でユーザー急増】日本初のWeb会議営業支援ツール「Dr.Works」がテレワーク応援キャンペーン。Zoom連携機能を無償提供

・緊急事態宣言発令でDr.Worksのユーザーが急増
・オンライン商談の需要増加を受け、Zoom / Meet / Teamsとの連携機能を無償提供
・無料サインアップはこちらから( https://dr.works )

 

Web会議営業支援ツール株式会社BEARTAIL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BEARTAIL」)の運営する日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツール「Dr.Works」は緊急事態宣言中のオンライン商談増加を受け、Zoom、Google Meet、Microsoft Teamsとの連携機能の無償提供を2021年1月14日から行なっています。

Dr.Works公式サイト
https://dr.works
無料サインアップはこちらから
https://dr.works

【特徴】

(1)日程調整を最適化し、1日の商談数を最大化
GoogleカレンダーやMicrosoft365のOutlookカレンダーと連携して空き時間を抽出することで、無駄なく最大数の商談を組むことができます。
複数人の同席者の予定を同時に抽出して、全員の空き予定を表示することも可能です。

Dr.Works_Web会議営業支援ツール

(2) Webサイトに埋め込むことで、商談数を2倍に
従来の問い合わせフォームに比べ、より早く、より簡単にアポイントメントを調整することができます。
資料請求や問い合わせに加えて、気軽にオンライン相談やオンラインデモを予約できる日程調整フォームを併設することで、「すぐに話を聞きたい」と考える訪問者を効率良くコンバージョンさせることができます。

(3) Web会議URLの共有やリスケの手間を最大95%削減
日程調整が完了すると、Zoom、Meet、TeamsといったWeb会議ツールと自動連携し、会議URLの発行と共有を完全自動化することができます。
またGoogleカレンダーやOffice, Outlookカレンダーと連携し、自動で空き日時を抽出するため、ダブルブッキング無く日程調整を自動化することができます。
万が一リスケが発生しても、商談相手には常に最新の空き時間が表示されているので、スムーズにリスケジュールすることができます。

(4) プロフィール共有で商談前から信頼を得る。初回商談の印象アップ
オンライン商談では訪問型の商談に比べアイスブレイクがしにくい、相手の信頼を得るのが難しい、といった課題があります。
プロフィールを作成し、日程調整と同時に担当者のプロフィールを相手に提示することで、次回商談獲得率や受注率を上げることができます。【アカウント登録】
下記URLから無料でアカウント作成することが可能です。
https://dr.works 

【今後の展望】
正式版リリースに向け、プロフィール機能の充実や複数社間での日程調整機能の開発を予定しています。

【Dr.Worksとは】
Dr.Worksは日本初のWeb会議に特化した日程調整・営業支援ツールです。商談やミーティングの日程調整を簡単に行うことができ、Web会議URLの発行、日程調整後の案内メール、カレンダー登録などを自動化することができます。また、オンライン商談で商談獲得率や受注率を上昇させるための機能・仕組みが備わっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LATEST NEWS

OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS