2015.02.27

メディア掲載

「Appli Biz」にご掲載いただきました

BearTail、家計簿アプリ『Dr.Wallet』に連携する銀行・クレカサービスが1200行を突破。   AppliBiz アプリビジネス情報メディア「Appli Biz アプリビズ 」

最も入力が簡単な無料家計簿・資産管理アプリ[ドクターウォレット]」のサービスを提供している株式会社ベアテイルのニュースを「Appli Biz」にてご掲載いただきました。

株式会社BearTail(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:黒崎賢一)が提供している、日本初の人力データ化の家計簿サービス「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」が、明細の自動取得に対応する銀行・クレジットカードサービス1200行を突破したことを発表した。

【概要】
金融機関の情報を登録すると、クレジット決済などの各種口座引き落落とし・給与振込等に対応し、支出入が抜け漏れなく管理できるサービスがドクターウォレットにあるが、この明細の自動取得に対応する銀行・クレジットカードサービスが2月25日現在1200行を突破し、ユーザーが使用しているサービスにより幅広く対応できるようになった。これにより、どのような決算方法にも対応し、支出入のデータ入力の手間が殆どなく常に持ち歩くスマートフォンで、いつでもどこでも正確・便利にお金管理ができるようになる。

【おすすめユーザー】
・カードを何枚も持っていて、お金管理理が難しい人
・各金融機関の預金・引き落としがいつどうなっているのか手軽に確認したい人
・入力の手間が大変でなかなか家計簿が長続きがしない人


BearTail、家計簿アプリ『Dr.Wallet』に連携する銀行・クレカサービスが1200行を突破。|Appli Biz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS