Dr.Works、メールを転送するだけで日程調整内容を読み取り、カレンダーへ登録。Web会議URLも自動発行。

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)が運営する日本初のWeb会議に特化した日程調整ツール「Dr.Works」が、テキストでの日程調整をメール転送で自動化するサービスを2020年7月7日に開始しました。

Dr.Works公式サイト
https://dr.works

テスター登録はこちらから
https://app.dr.works

日程調整ツール「Dr.Works」について

【Dr.Worksとは】

Dr.Worksは、日本初のWeb会議に特化した日程調整ツールです。商談やミーティングの日程調整を簡単に行うことができ、Web会議URLの発行、日程調整後の案内メール、カレンダー登録などを自動化することができます。

【背景】

Dr.Worksは、日程調整を自動化する仕組みとして、日程調整用のURLを発行して調整相手に送信する方法を採用してきました。しかし、現状もテキストを用いた日程調整は盛んに行われており、調整相手が希望日時を「11:00 ~ 12:00でお願いします」といったテキストメールで返信する場合など、対応できないケースが残っていました。こういったテキストのやりとりでも、Web会議のURL発行やカレンダーへの登録を自動化すべく、本サービスを開始しました。

【利用方法】

① 日時候補の提案に対してテキストでの返信が来た場合は、そのメールをそのまま mtg@dr.works へ転送

② Web会議URLの自動発行・調整相手への共有メール送信・カレンダー追加を自動で実行

【今後の展望】

Dr.Worksのβ版リリースは7月中を予定しております。また、今後はCRM/SFAなどの営業向けシステムやGmailとの連携を計画しています。

株式会社BearTailについて

BearTailは、こぐま座の尻尾に位置する北極星のように、社会の道しるべのような存在になることを目指しています。時間こそすべての人にとって重要な資源であると考え、無駄な時間を減らし、豊かな時間を創ることのできる事業を展開いたします。

BearTailコーポレートサイト
https://beartail.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS