Dr.経費精算、iOS版でICカードの読み取りが可能に

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒﨑賢一、以下「BearTail」)は、開発・提供する「Dr.経費精算」において、iOS版でのICカード読み取り機能を2019年11月11日にリリースいたしました。

概要

現在、Dr.経費精算では、ICカードを利⽤した経費は専⽤タブレットもしくはPaSoRi端末からの読み込みにてご対応頂いておりますが、iOSのアップデートにより、iPhoneでICカードの読み取りが可能となりました。
Dr.経費精算でもこのICカード読み取り機能に対応することで、iPhoneから直接、ICカード利用の経費を読み込み可能となります。
尚、Android版での同機能のリリースは、11月中旬を予定しております。

ICカード読み取り手順

1. 経費の作成⽅法を選択する画⾯(※)に「交通系ICカード」が追加されます。

※ホーム画⾯の右上のボタン、もしくは画⾯下部中央のボタン⻑押し

2. 1のボタンをタップすると下図の画⾯が表⽰されるので、NFC対応箇所にICカードを近づけてください。

3. 読み取りが完了すると、下図の画⾯が表⽰され、ICカードの情報を確認できます。

初期表⽰は、全データが表⽰されています。
⾚枠の「フィルタ(すべて)」をクリックすると、物販の情報を除いた運賃のみのデータを確認できます(4.参照)。

4. 経費登録する対象を選択し、画⾯下部の読み込みボタンをクリックします。

5. 下図のように⽇付、⽀払先、⾦額とともに経費が登録されます。

Dr.経費精算について

Dr.経費精算は、社内エンゲージメントを高める経費精算システムです。領収書オペレーター自動入力、JRやタクシー乗車データ自動取得、申請承認スマホ完結により申請者の入力の手間を最小化し、生産性を向上させます。
また、AIによる不正経費自動検出、ペーパーレス化により管理者のガバナンスも同時に向上させます。

Dr.経費精算公式サイト
http://www.keihi.com/

株式会社BearTailについて

BearTailは、こぐま座の尻尾に位置する北極星のように、社会の道しるべとなるような、大きな価値を届ける存在になることを目指しています。
価値のモノサシは時間であると考え、豊かな時間を与えること、無駄な時間を減らすことにフォーカスした事業を展開致します。

BearTailコーポレートサイト
https://beartail.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS