2015.12.26

メディア掲載

「INTERNET Watch」にご掲載いただきました。

領収証の人力入力で高精度にデータ化、個人事業主・小規模事業者向け経費精算サービス「Dr.経費精算」  INTERNET Watch

 

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)が12月24日より提供を開始した、「クラウド経費精算サービス[Dr. 経費精算]」が、INTERNET Watch にご掲載いただきました。

 

領収証の人力入力で高精度にデータ化、個人事業主・小規模事業者向け経費精算サービス「Dr.経費精算」

株式会社BearTailは24日、個人事業主や小規模事業者をターゲットにしたクラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」パーソナルプランのベータ版を提供開始した。対応OSは、Android/iOS(2016年1月リリース予定)のほか、ウェブブラウザーからも利用可能。

Dr.経費精算は、紙やExcelで管理している経費管理を自動化するサービスで、同社が提供している「Dr.Wallet」のノウハウを活かした機能を搭載する。「レシート自動読取機能」は、スマートフォンのカメラで領収書を撮影して送信すると、同社オペレーターが入力を代行してデータ化し、ExcelやCSVの汎用フォーマットにまとめて登録可能。使用するクレジットカードや電子マネーを設定することで、明細の自動取得にも対応予定だ。

その他の機能として、経費データの勘定科目の自動仕分け、「駅すぱあと」と連携した交通運賃の検索機能、ユーザーが利用する会計システムに合わせた仕訳データの作成、経費申請レポートのメール送信などを搭載する。また、電子帳簿保存法に対応予定としており、領収書の保管や紙・Excelへの入力、年度末の納税処理での経費データ入力作業を省くことができる。

利用料は、1ユーザーあたり月額980円だが、30日間無料で試用することもできる。また、中小規模事業者向けとなるコーポレートプランのベータ版を2016年1月中にリリース予定。

 

領収証の人力入力で高精度にデータ化、個人事業主・小規模事業者向け経費精算サービス「Dr.経費精算」|INTERNET Watch

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS