2019.06.05

メディア掲載

「officee」にご掲載いただきました

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)のオフィス移転に関して、officeeにてご紹介いただきました。

 

記事抜粋

「使えるものはそのまま使う」次の移転を見越したオフィス選び

居抜き物件を選んだのは、事業の早期拡大を見越してのこと。近いうちに移転する可能性が高いので、内装に掛かるコストを抑える狙いがあったんです。

弊社では、オフィスの中で「費用を抑える部分」と「しっかりと投資する部分」を分けて考えています。内装はシンプルに、使えるものはそのまま使っていますが、逆に社員が仕事で使う頻度の高い設備は充実させているのです。

用途別にスペースを区切った執務室

オフィスは、エントランスからつながった共有スペースと4つの会議室、さらに執務室という構成です。執務室は用途別にスペースを区切って設計しました。

例えば、主にインサイドセールス担当者が使用する電話専用ルーム。以前のオフィスでは、周りにいるエンジニアから「電話の声が気になって集中できない」という意見が挙がっていたのですが、今は執務室が静かになり作業がしやすくなったと好評です。

オフィスのあり方と事業内容は切り離せない

弊社は経費精算の事業を展開しているため、綺麗なオフィスで対外的な信頼度を高めていくのが重要だと感じています。「外から見える部分」といえば、どうしてもオフィスや社員ですからね。

採用活動にあたっては、魅力的な社員が快適そうに働いている姿を見せる必要があると思います。今年から新卒採用を始めたのですが、意識しているのは「学生が親にちゃんと紹介できる会社」であること。それが叶えられる点も含めてオフィス選びをしました。

全文はこちら

https://officee.jp/magazine/beartail_2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS