2015.12.26

メディア掲載

「THE BRIDGE」にご掲載いただきました。

Dr. WalletのBearTailが経費精算アプリに参入、領収書やレシートの自動読取などで入力手間を最小化 THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

 

株式会社BearTail(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:黒崎賢一)が12月24日より提供を開始した、「クラウド経費精算サービス[Dr. 経費精算]」が、
THE BRIDGE にご掲載いただきました。

 

 

Dr. WalletのBearTailが経費精算アプリに参入、領収書やレシートの自動読取などで入力手間を最小化

レシート撮影で家計簿がつけられるアプリ「Dr. Wallet(ドクターウォレット)」を展開する BearTail(ベアテイル)は24日、スマートフォンのカメラを使ったレシートの読込と、クレジットカード明細の自動読込で経費入力ができるアプリ「Dr. 経費精算」をリリースした。今回リリースされるのは、個人事業主を対象としたパーソナルプランで Android 版のみ。iOS 版や、複数名の経費精算を管理できる中小規模事業者向けのコーポレートプランは、2016年1月のリリースを予定している。料金は月額980円でクレジットカードによる支払が可能、利用から最初の30日間はフリートライアル期間として無料となる。

Dr. Wallet はレシートをスマートフォンのカメラで読み込み、セキュリティを考慮し、情報が分解された形でクラウドソーシングにより入力されるため、OCR 入力などに比べ誤入力が少なくユーザに定評がある。今回リリースとなる「Dr. 経費精算」は、「Dr. Wallet」のユーザビリティを経費精算に応用するものだ。会計システム向けのデータ・エクスポートに加え、来年早期にリリースとなる正式版では、クレジットカード明細の自動読込(アカウントアグリゲーション)、NFC による Suica や Pasmo など交通系ICカードの履歴自動読込、機械学習により勘定項目の自動仕訳が可能になる予定だ。

 

Dr. WalletのBearTailが経費精算アプリに参入、領収書やレシートの自動読取などで入力手間を最小化|THE BRIDGE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS